So-net無料ブログ作成
検索選択

忙しない春 [季節]

三寒四温の言葉の重さを感じる今年の春、94歳の母が亡くしたことも響いているかもと納得?
世界のあちらこちらで、人類絶滅の種がまかれて心穏やかでない、これからの日本で生きて
ゆく若い方々は大変・・


DSC07360のコピー.jpg

ご近所の酒屋さん



DSC07361のコピー.jpg

業界の販売方針か?



DSC07365のコピー.jpg

我が家も灯油をお願いしているお店、



DSC07390のコピー.jpg

今日は暑いくらいだね・・とつぶやきが聞こえても躊躇せずこの意気込み


*権力を握る各国の皆さんもこれくらいのジョークを見習ってほしいのです


span style="color:#FF6598;">◎写真仲間で楽しんでいる写真blogも 4月写真展を開催中です。http://jbpc.blog.so-net.ne.jp 毎回、皆様  に遠慮なしの ご意見をいただくことを励みに活動しております。よろしくお願いいたします。

冬の名残なし [季節]

連日の大陸からの風に押され、全開の春がやって来ました。

DSC07324のコピー.jpg

公園に鯉のぼりを上げたり、春本番の対応は大変です。




DSC07331のコピー.jpg

公園のフェンスにも


DSC07343のコピー.jpg

染井吉野は葉桜に



DSC07348のコピー.jpg

染井吉野は葉桜だが八重咲の桜は本番を迎え



DSC07350のコピー.jpg

アップで見ても素晴らしい



DSC07356のコピー.jpg

子供たちが植えてくれたチューリップも見事に開花ⅰ


* はなみずきが出番を出番を待っていますが、はたして^^


span style="color:#FF6598;">◎写真仲間で楽しんでいる写真blogも 4月写真展を開催中です。http://jbpc.blog.so-net.ne.jp 毎回、皆様  に遠慮なしの ご意見をいただくことを励みに活動しております。よろしくお願いいたします。



新宿御苑 1・・温室 [季節]

3月4日の続きです。
水道橋で昼食の後は馬爺さんを新宿御苑へ誘ってしまった。お疲れのところごめんなさいⅰ

御苑は温室ができたのでネタ不足に悩むことも無いだろうと思いましたが花より人の波、狭い通路
で押されながらの撮影でした。

毎回の事ですが花の名前を写して来るのを忘れて表示できません。

DSC06927のコピー.jpg

温室の全景です?



DSC06908のコピー.jpg



DSC06909のコピー.jpg



DSC06912のコピー.jpg



DSC06914のコピー.jpg



DSC06907のコピー.jpg



DSC06916のコピー.jpg



DSC06921のコピー.jpg

温室なので仲良しのカップルを


◎写真仲間で楽しんでいる写真blogも3月号継続中です。http://jbpc.blog.so-net.ne.jp 毎回、皆様  に遠慮なしの ご意見をいただくことを励みに活動しております。よろしくお願いいたします。



小石川後楽園 [季節]

この日は沼津から来られたソネブロの馬爺さんから誘いをいただき久々に庭園を楽しんできました。


小石川後楽園(こいしかわこうらくえん)は、東京都文京区後楽一丁目にある都立庭園。江戸時代初期に水戸徳川家の江戸上屋敷内につくられた築山泉水回遊式の日本庭園(大名庭園)であり、国の特別史跡及び特別名勝に指定されている。

1629年(寛永6年)、水戸徳川家水戸藩初代藩主・徳川頼房が作庭家・徳大寺左兵衛に命じて築いた庭園を、嫡子の光圀が改修、明の遺臣朱舜水(朱之瑜)の選名によって「後楽園」と命名して完成させた。出典は『岳陽楼記』の「天下の憂いに先じて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」によっており、岡山市にある後楽園と全く同じである。
7万平方メートル以上の広大な園内には、蓬莱島と徳大寺石を配した大泉水を中心に、ウメ、サクラ、ツツジ、ハナショウブなどが植えられ、四季を通じて情緒豊かな景色が広がる。
また中国の文人たちが好んで歌った西湖や廬山も採り入れている。光圀は朱舜水を設計に参加させたといわれており、中国的、儒教的な趣好が濃厚である。
1869年(明治2年)の版籍奉還により藩主徳川昭武が邸宅とともに新政府に奉還し、そののち東京砲兵工廠の敷地の一部として陸軍省の所管となった。(この名残で現在でも砲兵工廠の遺構のいくつかを園内で見ることができる)1874年(明治7年)以降、明治天皇の行幸および皇族の行啓を受け、外国人観覧者も多く、世界的にも名園として知られるようになった。
1923年(大正12年)3月7日、国の史跡および名勝に指定された。指定の際、岡山市の後楽園と区別するため「小石川」を冠した。1952年(昭和27年)には文化財保護法に基づく国の特別史跡および特別名勝に指定され、今日では、都立公園として整備され、一般に公開されている(有料)。
なお、1937年に隣接する旧東京砲兵工廠跡地にプロ野球興行を主たる目的として造られた野球場は小石川後楽園にちなんで「後楽園球場」(「東京ドーム」の前身)と名づけられ、さらに同じ敷地内にできた遊園地や多目的ホールなどにも同じように「後楽園」の名が冠されている。

以上wikipedia より

庭園を巡ってみると玉川上水の引き込みの流れなどがあり、さすが御三家の御威光と感心したが東京ドームや遊園地、多目的ホール、日中友好会館等の敷地も小石川後楽園の敷地であったとは・・

DSC06826.JPG



DSC06828.JPG



DSC06835.JPG



DSC06872.JPG



DSC06830.JPG



DSC06831.JPG



DSC06838.JPG



DSC06845.JPG



DSC06851.JPG



DSC06866.JPG




DSC06854.JPG

*神田はお休みです。


◎写真仲間で楽しんでいる写真blogも3月号継続中です。http://jbpc.blog.so-net.ne.jp 毎回、皆様  に遠慮なしの ご意見をいただくことを励みに活動しております。よろしくお願いいたします。


ボロ市 世田谷区 [季節]

月日の経過は早く、大雪、大寒に悩まされながら間もなく2月です。
妻に補助されながら撮り歩いた昨年と今年の世田谷区のボロ市です。

430年以上前から続く世田谷のボロ市は、現在は東京都の無形民俗文化財にも指定されています。
昔はボロ布がたくさん売られていたことから「ボロ市」の名が付いたといわれています。
現在は食料品・装身具・玩具・植木市など様々な店が並び、露店数は約700店とかなりの規模。
名物の代官餅のほか、ボロ市の名残として骨董品や古着の店もたくさん軒を並べます。

また、5年に1度、代官行列も行われます。ぼろ市は12月15・16日、開けた1月15・16日に開催されています。一度お出かけください。



DSC00673のコピー.jpg

代官屋敷前の横断幕


DSC00683のコピー.jpg

永年頑張る店番のオジサン


DSC00699のコピー.jpg

やっと自分の肉が焼けて・・嬉しい


DSC00706のコピー.jpg

おばさん選べるかな??

DSC00707のコピー.jpg

ぼろ市の伝統ⅰ和服


DSC00712のコピー.jpg

値段交渉・・頑張れ

DSC00719のコピー.jpg

店主の方がインドまで探しに行った成果品


DSC00725のコピー.jpg

娘に?孫に?


DSC00739のコピー.jpg

和服のお二人に撮らせていただきました。


DSC00740のコピー.jpg

懐かしいカメラがありました。

DSC00752のコピー.jpg

冬はストーブがお似合い


DSC00676のコピー.jpg

女神さまと観音様かな・・


◎写真仲間で楽しんでいる写真blogも間もなく2月号になります。http://jbpc.blog.so-net.ne.jp   で皆様にお楽しみいただければと思っております

麦秋・アジサイ [季節]






私の住む世田谷にも小さな麦秋をところどころみかけます。


昔、農家だった方の小さく残った畑に一筋の麦が実っています。


麦秋の頃はアジサイが色づく季節、出会いを大切に撮らせてもらいました。


先週の土曜日、孫の運動会で昼を挟んで一日撮影した帰り道でした。


久々のNIKON DFに70-300EDは肩にずっしりと・・・



DSC_4820-26.jpg




DSC_4814-26.jpg




DSC_4818-26.jpg



DSC_4909-26.jpg




DSC_4910-26.jpg



◎ photo c,shutter&love 6月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。





メッセージを送る