So-net無料ブログ作成

築地本願寺・築地場外市場 [街あるき]

築地本願寺は江戸時代の1617年に、西本願寺の別院として浅草御門南の横山町(現在の日本橋横山町、東日本橋)に建立。「江戸海岸御坊」「浜町御坊」と呼ばれていた[注 1]。しかし明暦の大火(振袖火事)により本堂を焼失。その後、江戸幕府による区画整理のため旧地への再建が許されず、その代替地として八丁堀沖の海上が下付された。そこで佃島(現中央区佃)の門徒が中心となり、本堂再建のために海を埋め立てて土地を築き(この埋め立て工事が地名築地の由来)、1679年に再建。「築地御坊」と呼ばれるようになった。なお、このときの本堂は西南(現在の築地市場)を向いて建てられ、場外市場のあたりが門前町となっていた。
1923年9月1日の関東大震災では、地震による倒壊は免れたが、すぐ後に起こった火災により再び伽藍を焼失。また、58か寺の寺中子院は、被災後の区画整理により各地へ移転。
現在の本堂は1934年の竣工。古代インド様式をモチーフとしたこの建物は、当時の浄土真宗本願寺派法主・大谷光瑞と親交のあった東京帝国大学工学部名誉教授・伊東忠太による設計である。当時の宗教施設としては珍しい鉄筋コンクリート造で、松井組(現松井建設)の施工により建築された。大理石彫刻がふんだんに用いられ、そのスタイルは現在においても斬新かつ荘厳で、築地の街の代表的な顔である。本堂は日本国政府の重要文化財に指定されている。 浄土真宗本願寺派の新体制移行(2012年4月1日付)に伴い、正式名が従前の「本願寺築地別院」から「築地本願寺」になった。これにより、築地本願寺は全国唯一の直轄寺院となる。

以上「Wikipedia」よりお借りしました。


58か寺の寺中子院は、被災後の区画整理により各地へ移転。この移転先で知られているのは
26もの寺が集中する世田谷区北烏山の寺町と呼ばれる地域です。




DSC07454のコピー.jpg

築地本願寺

DSC07452のコピー.jpg

左側は工事中の築地本願寺納骨堂です。


ここから歩いて近くにあるのが元門前町であった場所にできた築地場外市場です。
この日は以前のような爆買いの方々の姿は少なく、休日の人出くらいでした。

ここで面白い話を・・ここの土地から移転を余儀なくされた寺の住職さんの話によると
今でも、この一角で商いを続けており、週1は築地場外市場勤務とのことです。
そう言われてみると御寺さんが店の裏手に何軒か残っていますが??


DSC07447のコピー.jpg

この商品の並べ方に魅力を感じます。



DSC07451のコピー.jpg

ターレと呼ばれる小型三輪自動車も築地場外市場の顔です。



DSC07448のコピー.jpg



DSC07449のコピー.jpg

この日は疲れが出て余り取材もできませんでした。



◎写真仲間で楽しんでいる写真blogも 5月写真展を開催中です。http://jbpc.blog.so-net.ne.jp 毎回、皆様  に遠慮なしの ご意見をいただくことを励みに活動しております。よろしくお願いいたします。


メッセージを送る