So-net無料ブログ作成

花魁道中・・浅草4丁目

江戸吉原花魁道中に行ってきました。
浅草観音裏を超えた場所にある吉原といえば、日本有数の花街だったようです。
その歴史は江戸時代にさかのぼり、もともと人形町にあった吉原が浅草に場所を移したのが始まりとの事、江戸政権の強い指示が有ったのかもしれません。
遊女の格式は非常に高く、お茶やお花、和歌などの教養を身につけている女性たちで、その中でも
、位の高い遊女を表すのが花魁です。関西では太夫と呼んだそうです。


DSC07162のコピー.jpg

八重さくらが道中を歓迎



DSC07159のコピー.jpg

ワンちゃんも着飾って参加?


width
DSC07166のコピー.jpg

待ちに待った行列が見えてきました



DSC07168のコピー.jpg



DSC07170のコピー.jpg

花魁の前を進むのは象潟という花魁の見習いの二人

DSC07173のコピー.jpg



DSC07175のコピー.jpg

豪華な衣装です。


DSC07176のコピー.jpg

藤浪花魁の列が進む、美しさだけでなく、教養や知性、さらに30キロもの衣装や装飾を身にまとう体力も必要な花魁は大変です。
歩き方も円を書くような外八文字、会得するのに三年はかかるそうです。


◎写真仲間で楽しんでいる写真blogも 4月写真展となりました。http://jbpc.blog.so-net.ne.jp 毎回、皆様  に遠慮なしの ご意見をいただくことを励みに活動しております。よろしくお願いいたします。

メッセージを送る