So-net無料ブログ作成
検索選択

目青不動尊・・三軒茶屋 [街あるき]

私が住む世田谷西部からは京王線・下高井戸駅で2両編成のかわいい東急世田谷線と乗り継ぎ、
三軒茶屋まで40分あまりかかります。

五色不動(ごしきふどう)は、五行思想の五色(白・黒・赤・青・黄)の色にまつわる名称や伝説を持つ不動尊を指し示す総称。東京(江戸)のものが有名であるが、厳密には四神や五色に関連する同様の伝説は各所に存在し、それが不動尊と関連付けられたものを五色不動と称されることがある。なお、本項では主として東京の五色不動について解説。

東京の五色不動は、目黒不動、目白不動、目赤不動、目青不動、目黄不動の5種6個所の不動尊の総称。五眼不動、あるいは単に五不動とも呼ばれる


五色不動は江戸五色不動とも呼ばれており、江戸幕府3代将軍・徳川家光が大僧正・天海の建言により江戸府内から5箇所の不動尊を選び、天下太平を祈願したことに由来するなどの伝説が存在する。史跡案内など多くの文献ではこのような説話に倣った由来が記述されているが、資料によっては伝説の内容にばらつきも見られる。

一方で五色不動を歴史的に研究したいくつかの報告によると、実際に「五色不動」という名称が登場するのは明治末または大正始めであり、江戸時代の史実とは考えにくいとしているが、伝説自体は江戸時代から伝わる噂話に原型が見られるという。

また名称を別とすれば個々の寺院や不動像自体は江戸時代(以前)からの歴史を持つとされる。特に目黒不動・目白不動・目赤不動については江戸時代の資料からもその名称が確認でき、江戸の名所として「三不動」の名で知られる[1][2]。

このうち、目黒と目白は山手線の駅名ともなり、特に目黒は区名となっているため有名である。

なお五色不動は基本的に天台宗や真言宗の系統の寺院にあり、密教という点で共通しているが、不動明王に限らず明王は元来密教の仏像である。

五色不動の場所[編集]
目黒不動 - 瀧泉寺(東京都目黒区下目黒)
目白不動 - 金乗院(東京都豊島区高田) 江戸時代は現在の文京区関口江戸川公園付近にあった新義真言宗新長谷寺の本尊
目赤不動 - 南谷寺(東京都文京区本駒込)
目青不動 - 教学院(東京都世田谷区太子堂) 本来の寺名は平井の目黄と同じ最勝寺
目黄不動 - 永久寺(東京都台東区三ノ輪)
目黄不動 - 最勝寺(東京都江戸川区平井)

江戸時代以前に目黒・目白が存在している。目黒は将軍家光の鷹狩りに関連して尊崇されていた。目白は、将軍家光が目黒にちなんで命名したとも、目白押しから名付けられたともいう。

また、江戸時代初期の動坂(後述)には、伊賀の赤目に由来する赤目不動があったが、家光の命により目赤と名乗るようになり現在地へ移ったと称する。

以上3つの不動については、江戸時代の地誌にも登場するが、天海と結びつける記述はまったく見られない。

教学院はもともと青山にあり、「青山の閻魔様」として親しまれていた。ここには近くにあった廃寺から不動像がもたらされている。明治40年代にこの寺院は世田谷区太子堂に移転し、その頃から「目青不動」を名乗るようになった。

以上wiki pediaよりお借りしています。


DSC02160のコピー.jpg

2両編成のかわいい電車です


DSC02163のコピー.jpg

こんな光景も


DSC02167のコピー.jpg

参拝者も少ない様で、30分ほどの間に10人くらいと静かです



DSC02166のコピー.jpg




DSC02168のコピー.jpg



DSC02170のコピー.jpg




DSC02172のコピー.jpg



DSC02173のコピー.jpg



DSC02176のコピー.jpg



DSC02178のコピー.jpg



DSC02179のコピー.jpg


カメラはsony dsc-hx90vを使用しています。


◎写真仲間で楽しんでいる写真blogも 4月写真展となりました。http://jbpc.blog.so-net.ne.jp 毎回、皆様  に遠慮なしの ご意見をいただくことを励みに活動しております。よろしくお願いいたします。

メッセージを送る