So-net無料ブログ作成

逗子市



弘明寺参拝のあと夕焼けの海を見たい気持ちがムラムラと、迷わず電車に

DSC04320-1.jpg



はじめて降りた逗子市は想像より地味な感じで遥か昔映画でみた海のイメージからは・・

駅からは海岸まで歩いても30分位だろうとの友人の話にカメラ片手にブラブラと


DSC04325-1.jpg

バス通りから一歩入るとこんな場面に出会いました。米屋さん健在!




DSC04330-1.jpg

しばらく行くと釣具の店




DSC04332-1.jpg

海も近そうな感じ




DSC04335-1.jpg




DSC04334-1.jpg

釣り餌の店は夕刻なので閉まっています。




DSC04342-1.jpg

夕方の海岸は静かです。


DSC04368-1.jpg




DSC04376-1.jpg

犬と散歩のご婦人、着ているものがワンちゃんと似ているので・・一枚パチリ




DSC04385-1.jpg

この日は富士山を見たいという友人の願望が叶い江ノ島とカップルで撮れました。
逗子海岸の海開きは早く、今頃は若者達でにぎわっていることでしょう。
石原裕次郎のヨットも浮かんでいた海にバイバイ・・昔は日活映画のファン^^


◎ photo c,shutter&love 6月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。


弘明寺(ぐみょうじ)・・横 浜




横浜で最古の寺、かつては広い寺有地を有していたが、廃仏毀釈による公有地化で
北側の大半(現・弘明寺公園)を横浜市に譲渡し、北側には湘南電気鉄道
(現・京浜急行電鉄)弘明寺駅が開業、更に駅周辺では寺自身が民有化をすすめた
ことなどにより、寺有地は過去の約2割にすぎなくなっているとの事です。

古文書を通じて日本の歴史や神社仏閣に造詣の深い友人の案内で京浜急行で
寺詣でしてきました。
弘明寺(ぐみょうじ)の緑青に輝く屋根の造形美に圧倒されながらシャッターをきりました
昔、広い敷地に有った茅葺の屋根を想像するだけでもワクワクします。


DSC04311-1.jpg




DSC04298-1.jpg




DSC04301-1.jpg




DSC04294-1.jpg




DSC04304-1.jpg




DSC04309-1.jpg




DSC04289-1.jpg




DSC04319-1.jpg


◎ photo c,shutter&love 6月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。




横浜・・西洋館の花



花と器のハーモニーのイベントが6月12日に終わり、どの西洋館も人影は疎ら
飾られた花も週末で疲れ気味でした。

気持ちが盛り上がらないまま何枚か撮っていたところで大発見!
静かな雰囲気を楽しんでおられた素敵な女性お二人を見かけ撮影させて頂きました。
単レンズマニュアル撮影でしたので慌て気味、露出補正を間違ってしまいました。


館外に咲く花たち

DSC04835-1.jpg




DSC04788-2.jpg



館内に入ります。

DSC04798-2.jpg




DSC04808-2.jpg




DSC04822-1.jpg




DSC04823-1.jpg




DSC04830-1.jpg





DSC04795-1.jpg




DSC04796-1.jpg


◎ photo c,shutter&love 6月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。


代官山 2・・渋谷区 [街あるき]



summar f=5cm 1:2で撮った代官山です。
代官山を歩くといつもの自分が過ごしている場と背景が全く違うので少し興奮気味!
今回はテレビで見かける女性の方が歩いているのを見かけましたがオーラと言うか
輝きが違いました。もちろん名前は知りません。


DSC04197-2.jpg




DSC04193-2.jpg




DSC04198-2.jpg

いつも思います。電柱のトランスが鋏で切られそうだ^^トランスも目玉を飛び出して
やめてくれ~




DSC04202-2.jpg




DSC04209-2.jpg




DSC04212-2.jpg




DSC04215-2.jpg


◎ photo c,shutter&love 6月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。


代官山・・渋谷区 [街あるき]



この所、オールドレンズ病です。今週はsummar f=5cm 1:2で撮った代官山です。
高感度なファッションタウン代官山はジイチャンが一人でカメラ片手に歩くのは勇気が必要なのです。
この日は雨模様、若い女性が圧倒的な数でカップル組を圧倒していました。


DSC04185-1.jpg




DSC04180-1.jpg




DSC04182-1.jpg




DSC0419-1.jpg




DSC04190-1.jpg




DSC04192-1.jpg


◎ photo c,shutter&love 6月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。


アジサイの季節 [散歩]




今年もアジサイの季節がやってきました。曇り空、カメラ片手の散歩で出会えて嬉しい。
東京は入梅入り以来雨がかなり降りますが、水源地である群馬県の山沿いでは降雨が
少なく、早くも夏の水不足が心配されています。


DSC04528-10.jpg



DSC04529-10.jpg



DSC04531-10.jpg



DSC04534-10.jpg



DSC04535-10.jpg



◎ photo c,shutter&love 6月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です


小 樽 4・・運河あたり



三回目の小樽ですが締めくくりは運河、とは言うものの毎回魅力が衰えています。
ジイチャンの感性が衰えているのか、持参のカメラがコンデジだったのが原因か??


DSC01494-1.jpg

素敵な空間です。




DSC01498-1.jpg

カップル羨ましい・・こちらジイチャン一人




DSC01500-1.jpg

古い倉庫、使用されていません。



DSC01502-1.jpg

壁が魅力的でした。




DSC01608-1.jpg

運河の入り口の橋上を走るお馴染みの人力車




DSC01612-1.jpg

○○国の方もここまでは足を伸ばさないようです。


*小樽をながながと引っ張りましたことお詫びいたします。


◎ photo c,shutter&love 6月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。

小 樽・・坂の街てくてく探訪 3



教会から小樽商科大学までの地獄坂を上る予定をしていたが地元の方に
面白く無いから止めろとアドバイスをいただき小樽が一望できる天狗山へ、
かなりの距離なのでバスに乗車、雲っていたのでいまひとつ冴えない展望・・

DSC01586-4.jpg

ロープウエーで山頂へ、ここでも鳥達に負けまいとしているのか○○国の方々の声・・スゴイ!




DSC01568-4.jpg

バスで小樽市公会堂まで下山、明治44年皇太子の北海道行啓の際に豪商が私財を
投じて建てられた宿で純和風建築です。小樽が北海道の中心だった頃??




DSC01567-4.jpg

公会堂におられた方の話では、昭和30年代に建てられた住宅との事




DSC01565-4.jpg

フジフィルム頑張ってます




DSC01591-4.jpg

昭和の色濃い建物が続き嬉しい^^




DSC01593-4.jpg

境内からの眺めが格別の水天宮、眼下に港が広がっていました。




DSC01602-4.jpg

ランチタイム、目的の店にやっと到着




DSC01601-4.jpg

このボリュームで870円!ネタも新鮮で美味しかった。てんぷら蕎麦は残してしまった。
三回目の小樽訪問で満足のランチ、観光客相手の店は駄目だと実感しました。



◎ photo c,shutter&love 6月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。


小樽・・坂の街テクテク探訪 2



海に続く小樽の道を楽しんだ後カトリッック小樽教会富岡聖堂に向かいます。
小樽の高台に広がるこのあたりは北鎌倉の住宅街を歩いているようで??
コース案内の地図をみても分かりません、地元の方の話だとこの地図では行けない
人にあったら何人にでも聞いて行きなさい。とありがたい教えをいただく。

最後に尋ねた方が、道は無いけど、突き当たったら土手を登るとすぐだよ^^

DSC01564-1.jpg

到着です。素晴らしい!




DSC01563-1.jpg




DSC01558-1.jpg

二階へ




DSC01557-1.jpg




DSC01554-1.jpg




DSC01559-1.jpg

表玄関のステンドガラス




DSC01561-1.jpg

空けると外の光が


教会内のステンドガラスも煌びやかでなく全体として落ち着きのある静かな佇まい
北の小樽の印象を深く刻む教会でした。

 photo c,shutter&love 6月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。
メッセージを送る