So-net無料ブログ作成
検索選択

猛暑の日に銀座で





猛暑が続いています。



DSC02120-28.jpg

リンゴが暑さで溶けて蒸発寸前




DSC02124-28.jpg

強烈な赤も違和感なし




DSC02130-28.jpg

溶け始めたビル・・??




DSC02135-28.jpg

絵から抜け出したような方が、見とれてしまい声をかける前に消えてしまった




 photo c,shutter&◎love 7月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。




神楽坂・・2・・新宿区 [街あるき]




神楽坂の印象がまとめ切れません。拾い集めですが・・





DSC02051-24.jpg

祭りの前日でした。




DSC02039-24.jpg

貫禄あり!




DSC02068-24.jpg

ニホンゴ ダメデ スミマセン 気持ちの良い青年達




DSC02081-24.jpg

現役の写真屋さん



DSC02097のコピー24.jpg

この路地から芸者さんが現れたら・・




DSC02102-24.jpg

ライカ l summar f=5cmを付けていたのが失敗の元、狭くて引けず

左側の方にピント合わず・・ごめんなさい




◎ photo c,shutter&love 7月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。




神楽坂の・・新宿区 [街あるき]





梅雨明けの神楽坂をぶらりと、昔、花柳界で華やかだったといわれているが


面影は殆んどない、変貌した町は、私の目には若者の街にしか映らない


目に付いた路地をあるき神楽坂の店の印象を撮ってみました。



DSC02031-22.jpg




DSC02036-22.jpg




DSC02038-22.jpg




DSC02043-22.jpg




DSC02093-22.jpg




DSC02096-22.jpg

ワインの試飲をやっていた店の方に撮らせて頂いた。奈良漬を食べても反応する

私には無理な話、ミシュランの星をいただいた店から移籍したシェフが醸し出す

フレンチは美味しい!とドアを開け店の中まで撮影OK・・

* SONY LYCE-7 JUPITER-9


◎ photo c,shutter&love 7月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。




江ノ島散策





江ノ島は平日でも人出は凄い、パーキングも混雑してますね~

夏だから仕方ないと中心部を避けて漁村の面影を残す場所へ




DSC07931-17.jpg

ソネブロのみなさま、暑中お見舞い申し上げます。





DSC07908-17.jpg




DSC07910-17.jpg




DSC07913-17.jpg




DSC07915-17.jpg




DSC07930-17.jpg

願いをかなえてあげたいと、凹まない我が腹を眺めながら・・・



◎ photo c,shutter&love 7月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。




浄妙寺(じょうみょうじ)




浄妙寺(じょうみょうじ)は、神奈川県鎌倉市にある臨済宗建長寺派の仏教寺院。山号は稲荷山(とうかさん)。詳名は稲荷山浄妙広利禅寺という。本尊は釈迦如来。開基(創立者)は足利義兼、開山(初代住持)は退耕行勇。鎌倉五山の第五位。鎌倉三十三観音第9番。・・ウイッキーペデアより


この暑さも心地良いのか、女子の方は本堂へチョコンと頭を下げサッサと境内にある


坂を上りレストラン石釜ガーデンテラスへ足をむける


夏バテ、ネタ切れの私は境内を廻らせていただきました。


美しい茶室に魅せられてきました。






*ウイッキーペデアを利用すると出てくる支援要請、使われても金は入らない現実は厳しい!




DSC07877-14.jpg




DSC07879-14.jpg







DSC07883-14.jpg





DSC07885-14.jpg




DSC07888-14.jpg




◎ photo c,shutter&love 7月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。


築地 魚市場






のんびりと場外市場でランチをし、神社を参拝した後で覗いた市場


当然セリは終わった後だが遅すぎました。


人影がまばらでお手上げ、アイドルを撮影してて退散です。




DSC07772-10.jpg

彼が私の好きなアイドル、fish eye だとより可愛くなります。




DSC07759-10.jpg

閑散とした場内




DSC07766-10.jpg




DSC07775-10.jpg

物足りないので場外市場で撮りました。でかい!





◎ photo c,shutter&love 7月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。




波除神社・・築地 [街あるき]





築地魚市場入り口近くに鎮座する波除神社

江戸時代築地一帯の埋め立て工事がいかに難航を極めたかの証と伝えられています。

明暦の大火の後に4代将軍家綱公が手がけた最後の埋立の工事困難を極めたのが、

この築地海面でした。

堤防を築いても築いても激波にさらわれてしまうのです。

或夜の事、海面を光りを放って漂うものがあり、人々は不思議に思って

船を出してみると、それは立派な稲荷大神の御神体でした。

皆は畏れて、早速現在の地に社殿を作りお祀りして、皆で盛大なお祭をしました。

ところがそれからというものは、波風がピタリとおさまり、工事はやすやすと進み

埋立も終了致しました。萬治2年(1659)の事です。

人々は、その御神徳のあらたかさに驚き、稲荷大神に 『波除』 の尊称を奉り、

又雲を従える<龍>、風を従える<虎>、一声で万物を威伏させる<獅子>の

巨大な頭が数体奉納され、これを担いで回ったのが祭礼 『つきじ獅子祭』 の

始まりです。

それ以来今に至るまで、「災難を除き、波を乗り切る」 波除稲荷様として、

災難除・厄除・商売繁盛・工事安全等の御神徳に崇敬が厚いのであります。

その御神徳はその後も益々大きく、当時辺境の地であった築地も次第々々に開け、

現在の如く繁華街となったのであります。・・・波除神社HPより



DSC07747-77.jpg




DSC07750-77.jpg




DSC07752-77.jpg




DSC07753-77.jpg




DSC07757-77.jpg

* sony ilce 6000 opteka fish-eye cs6.5mm



◎ photo c,shutter&love 7月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。


根津界隈 [街あるき]






谷・根・千で有名な根津神社界隈も、雨が心配される平日は静かです。


あの爆買い、大声で有名な国の方にも遭遇しませんでした。



DSC07723-73.jpg




DSC07728-73.jpg




DSC07730-73.jpg




DSC07736-73.jpg




DSC07729-73.jpg

何回か訪れているのに気づかなかった根津の歴史についての案内板が民家の横に

根津は寝不とも言われ、根津神社の下まで吉原・品川に次ぐ大きな遊郭街であった

との記述に驚きでした。



◎ photo c,shutter&love 7月写真展を   http://jbpc.blog.so-net.ne.jpで開催しております。   扉を開けてお楽しみ頂ければ光栄です。




メッセージを送る